​Statement

時々私は裸になって絵の具を全身に纏います。

皮膚の上で混ざり合う絵の具は、私が私である事を超え、人間という身体を持った存在である事も忘れさせます。

それは単なる欲求うや衝動ではなく、自分が自分として生きていく為に必要な行いとして始まりました。

むしろ、儀式のようなものだったのかもしれません。

私の日常のなかで現実感が希薄になり、放っておくと、「今ここにいる」という実感が徐々に失われていき、その恐怖で、私の心身は硬直してしまう事があります。

その為、私はこの儀式を繰り返す事により、そのような恐怖を取り除き、そして確かに生きている事を確認しているのです。

Sometimes I cover myself with paint.
When I cover myself with paint, I go through the experience of mind tripping almost like a reincarnation––it makes me forget of who I am, and the fact that I have a body of human being. 
The experience of mind tripping helps me to ease the fear that I always have in my mind--I constantly face the fear of fading sense of my existence everyday.
The act of covering myself with paint is like a ritual practice that is necessary in my life, not only to lessen the fear towards the fading sense of my existence in this world, but also to remind myself that I exist in this world,right at this moment, and therefore I’m still alive.